大手とベンチャーのバランスよい支援が大切

IT革命が世界にもたらした影響は大きく、産業のあり方を一新したといっても過言ではありません。
インターネットを介したサービス提供が一般的になり、メールやWebを介したサービスが一般的になりました。
店舗で行われていたサービスも、次々にインターネット経由で行えるようになっています。
中には店舗を持たずに、品物の販売業等を行っている業者すらあるという現状があります。

こういったITによる産業の変化は留まるところを知りません。
パソコンの普及がこのようなサービスを受けやすくしたことは言うまでもありません。
そして今では、タブレット端末やスマートフォンの普及によっていつでもどこでもインターネットに接続できるようになったことから、サービスの幅が拡張されていく一方です。
地図情報サービスなど、移動中に必要となるサービスが有償、無償の形で提供されるようになっています。
いつでもどこでも必要な情報を取り出せる世の中になっているのです。

この傾向は今後もIT革命が進行していくことによって、拡張していくことでしょう。
こういった仕事を担っているのは、ベンチャー企業の影響力も大きいのが実際のところです。
表立ってはでてきていなくても特許を大手企業に販売したり、技術提携をしたりしてうまく市場に進出しているケースもあるのです。
大手とともにベンチャーを支援していくことがITの発展をさらに著しいものにしていくことになり、世界の産業が発展するでしょう。